コラム

従業員満足度を向上させる施策とは?

皆さんの会社では従業員満足度はいかがでしょうか?従業員満足度が向上すればいろいろなメリットがあるため、企業はこれを見過ごすことはできません。そこで多くの企業が取り組んでいる、従業員満足度を向上させる施策について取り上げてみましょう。

 

従業員満足度の向上にワークライフバランスを改善するのはなぜ必要?


現在の日本は確実に超高齢社会へと進みつつあります。企業は少ない人数でより多くのものを生産すること、そして優秀な人材を確保し他へ流出させないことが、これまで以上に求められます。

そこでカギを握るのが従業員満足度です。従業員満足度の向上は、生産性や顧客満足度の向上、離職率の低下などに寄与すると言われています。この従業員満足度の向上を考えた時、ワークライフバランスを改善することが必要になります。

ある意識調査では、従業員の半数がワークライフバランスの改善を訴えています。しかしながら、現実は仕事が優先されていると言っても過言ではありません。

希望と現実の乖離を修正し、従業員満足度を向上させるため、ワークライフバランスを改善させる必要があるということです。

 

従業員満足度を向上させる社員の希望を叶える人事制度とは?


従業員満足度を向上させるためには、従業員がこの会社で仕事を続けたいと思える環境を作ることが大切です。

現代の若者は会社に終身雇用を求めていません。できるなら、自分が抱えている家庭などの環境のすべてを手放すことなく、仕事を続けていきたいと思っているのです。それが叶わなければ従業員は離職という道を選びます。

従業員の入れ替わりは金銭的なコストもかかります。そのような状況が来る前に、従業員が長期に安定して働けるような職場へ変えていかなければなりません。そこで必要になるのが従業員の希望を叶える人事制度の構築です。

その具体的な取り組みの一つとして、社内の希望の部署へ容易に異動できるという仕組みがあります。今の部署で何らかの理由でモチベーションが下がったとしても、この制度で異動できれば離職率を減らすことができます。

 

従業員満足度の向上に福利厚生を充実させることはなぜ必要?


福利厚生は給与以外の報酬と捉えることができます。福利厚生が充実していると従業員は働きやすさや生活のしやすさを実感できるようになります。給与が「労働への対価」であるなら,福利厚生は「従業員への思いやり」と言えます。

今は働き方改革の取り組みが進んでおり,仕事とプライベートの両立を促進するワークライフバランスが注目を集めています。仕事に追われるだけの日々であるなら当然従業員満足度は下がり,生産性の低下にもつながります。企業側も従業員のプライベートな面を充実させるための重要な要素として、福利厚生に注力することが求められています。

2019年卒業予定の大学生を対象に行った大手転職サービス会社の調査でも,企業選びで注目するポイントとして福利厚生が首位となっています。前年4位からの上昇の結果を考えても,従業員満足度に福利厚生の充実はもはや必要不可欠と言えます。

 

給与以外の従業員評価制度の充実で従業員満足度が向上するのはなぜ?


人の欲求に中には承認欲求というものがあります。ただ高い給料を得るだけでは、実は人間は満たされないようにできているのです。

目覚ましい成功にはそれに相応しい報酬がついてきますが、それに至るまでの過程はさまざまです。結果が出るのに時間がかかる仕事も数多くあります。

その最中に会社から有形無形の支援があれば、モチベーションは上がります。途中の折れそうな心や疲弊した肉体をリフレッシュさせてくれるのが「給与以外での支援や評価」です。

士気が高まり仕事が順調に進めば、まず離職者が減ります。それは人材採用のコストを下げることに繋がり、浮いたコストを事業に振り分けることができます。これは事業本体へのテコ入れとなって、企業全体のボトムアップへと好循環を生むことになります。

 

従業員満足度の向上に快適な仕事環境の提供はなぜ有効なの?


働く環境は従業員の健康やストレスに影響を与えます。職場環境が悪ければ、当然不満やストレスが溜まり,作業効率の低下や離職にも繋がります。

仕事そのものにやりがいを感じ報酬に満足していても,上司や同僚との人間関係に問題があったり、チーム内の連携が悪く職場の雰囲気が悪かったりするとストレスは増えていきます。

コミュニケーションの動線が確保され,互いに協力しあえる環境が整っているなら、従業員は気持ちよく仕事に集中することができるようになります。

また,仕事に慣れるとストレスや緊張は減るかも知れませんが,新鮮さがなくなりモチベーションが下がることもあります。それで従業員のやる気を刺激するような取り組みや、多様な働き方を用意することは有効です。

テレワークなどをうまく取り入れた働き方は,時間の有効活用やワークライフバランスの充実に繋がるために従業員満足度が高くなる一例と言えます。

 

従業員満足度を向上させる施策について


従業員満足度の向上を考える時、従業員の多くが訴えるワークライフバランスを充実させることが必要になります。従業員が望む人事制度の一つに、社内の希望の部署へ容易に移動できるということがあります。これにより離職率を減らすことができます。

昨今の企業選びで注目するポイントとして、福利厚生が首位となっています。従業員満足度の向上で福利厚生の充実が欠かせないということです。

人間には承認欲求というものがあるため、給料以外の評価制度を設けることも考えなければなりません。また職場環境が悪ければ作業効率の低下や離職率の上昇に繋がります。快適な仕事環境は無くてはならないということです。

以上のような施策を参考に、皆さんの会社での従業員満足度を向上させていきましょう。

 

オンライン相談受付中!


現在、オンラインでのご相談を受け付けております。
アンケート調査での疑問やお困りごと等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

その他コンテンツ