コラム

顧客満足度を向上させるために必要な人材育成方法とは?

皆さんの会社では人材育成をどのような方法で行っていますか?人材育成は企業が競争力をつけるうえで極めて重要なポイントの一つです。ここでは、現在企業の多くで取り入れられている人材育成方法にはどういったものがあるのかを見ておきましょう。

 

人材育成ってなに?


現代経営学あるいはマネジメントの発明者であるピーター・ドラッカーは、人的資源を「最も生産的で、変化しやすい大きな潜在能力」と位置付けており、「ヒト・モノ・カネ・情報」の4つの経営資源のうち、人的資源が最も基本的かつ重要なものと指摘しています。

現在、企業においては人材育成を重要視し、それにより社員の能力を高め、企業の業績を上げることができるととらえています。

よく似た言葉の人材開発とは意義が異なり、人材育成とは「将来の組織づくりをすること」になります。

企業間での競争が激化しており、生き残るためには柔軟な企業戦略が必要な時代です。その環境変化に対応するためにも、ただ技能を磨くだけの人材開発よりも柔軟に対応することができるようになる人材育成が重要となっているのです。

 

人材育成にメンター制度はなんで有効なの?


メンター制度とは、「育成対象(メンティ)に対して、先輩社員(メンター)との定期的な面談(メンタリング)を行うことを制度化したもの」です。メンター制度は新入社員だけに限らず、役員クラスにも用いられます。

メンター制度では、日常業務での接点が少ない人をメンターとし、何でも相談できる関係で自由に対話できるよう運用されるのが一般的です。

メンター制度の最大の目的は、離職防止です。メンティだけでなく、メンターにも育成と言う役割と責任が与えられ、相乗効果を得ることができます。

また、メンターの働きにより従業員は具体的な目標を設定し、自発的に行動するようになるため、組織を活性化することもできます。また、社内の雰囲気を明るくし、従業員満足度を高めることもできます。

 

人材育成にスキルマップが有効な理由とは?


スキルマップは社員の技能、業務遂行能力を一覧にしたもので、自社の人材にどのようなスキルがあるか把握し、より適切に活用できる手段の一つです。

仕事をスムーズに進めるうえで、能力に足りた人材であるかどうかは重要なポイントです。しかし、一人一人の能力を正しく見極めることは難しいことです。判断基準を明確にし、個人のスキルを正確に把握すれば、正しく見極めることができます。

また、経営戦略、ストアコンセプトなどにマッチした必要能力・技能や、評価基準を設定することにより、独自の人材育成も可能となります。スキルマップは、計画的な人材育成やプロジェクトメンバーの選任などに特に有効です。

人材育成・採用の効率化に課題を抱えている企業は少なくありません。それらの効率化を行うためには、業務内容や従業員の能力に関する可視化が重要になります。

 

人材育成にOJTが有効な理由とは?


OJTとは、On the Job Trainingの頭文字をとったもので、実際に業務を行う現場において、トレーナーとなる社員が新入社員に対して教育を行う手法のことです。これは、新入社員はもちろん指導する社員にも大きな成果をもたらします。

業務内容に関して一通り知っており業務をこなしていても、それを新入社員に教えるとなると話は別です。改めてきちんと勉強し直す必要に迫られ、自然にスキルアップできます。

一方で新入社員の側も、実際にその現場を見て勉強するので、具体的なイメージを持って研修を受けることができます。

たとえ失敗しても先輩のフォローがあるので安心です。また、今後一人で仕事をしていくうえで、OJTで起こった失敗経験も役に立ちます。

 

オンライン相談受付中!


現在、オンラインでのご相談を受け付けております。
アンケート調査での疑問やお困りごと等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

その他コンテンツ